長時間のデスクワークによる坐骨神経痛が改善しました!

来店動機

去年からコロナによりリモートワークが始まり週3回は家から一歩も出ない生活になりました。

最初は腰痛が出始めたのですが、そんなに気にせずに過ごしていたらだんだんとお尻から痺れが足に走るようになり、

気づいたら30分も座れなくなっていました。これでは仕事にも支障が出ると思い、来院しました。

問診

痛みが出たきっかけ

元から1日7時間はデスクワークだったのが、リモートワークにより、家から一歩も出ずに

デスクワークを続けていたため

どのような時に痛みが出るか

立ち上がりの時や30分座っていると痺れのような痛みが走る

 

身体所見と治療、経過

初回施術

長時間のデスクワークによる骨盤と腰椎(こしぼね)のバランスの崩れ、左右の重心の崩れが起きていた為、骨格の矯正を行いながら硬直している腰部、臀部の筋の処置を行った。

施術後は後屈すると若干臀部に痺れが現れるも、座っている際や、立位では痺れは消失していた。

筋肉の硬さが目立っていた為、翌日に来院していただくことにした。

 

2回目施術(1日後)

先日の施術後はほとんど症状出ていなかったが、翌朝だんだんと戻ってきたとのこと。

ただ、初回施術前の5割程度とのことなので続けて加療していくことに。

 

5回目施術(11日後)

30分座っていても痺れは出なくなった!

との事。

1時間座っていると段々固まってくる感じがあるとのことで、自宅で出来る腰部のエクササイズを指導した。

10回目施術(初回から3週間後)

1時間座っていても症状はないとの事。

1日中座っているとさすがにだるくなってくるとのことですが、初期のしびれなどは出ることが無くなったとの事。

 

現在の様子

症状なく仕事に取り組めている。

原因が骨格の歪みだった為、再発しないように歪みを取りきれるよう継続して施術を行っている。

 

患者様のコメント

おしりから足にかけて痺れが出たときはヘルニアになったかと思い、友人から手術の話など聞いて落ち込んでいたが、ホームページをみてダメもとで受けてみようと思い、半信半疑だったが、施術を受けて今は本当に良かったと思っています。

原因をしっかり見つけて施術してくれるので、納得したうえで効果を体感できたのも続けられた要因だと思います。

 

施術者のコメント

症状が改善して本当に良かったです!

痺れが出始めると不安になる気持ちとてもよくわかります。

症状の原因は骨格の捻じれでしたが、捻じれた原因が患者様の日々の習慣でした。

施術と合わせて習慣を整える方法や、自宅でのケアをしていただけたのが早期改善に導けた要因です!

今後もよりよくしていけるよう、よろしくお願い致します!

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛