ご飯が食べれないほど痛かった顎関節症が改善

来店動機

数年前から口を開けたりご飯を食べる時に左顎がコキコキ鳴るようになっていた。

気になって調べたら「顎関節症」と同じ症状だったが、音が鳴るくらいで痛みや不自由はなかったので特に気にしていなかった。

先週、あくびをしようと大きく口を広げた時に激痛が走り、今では指2本分も口が開かなくなってしまったとのこと。

ご飯もスプーンで少量ずつしか食べれなくなり、これはまずいと思い来院した。

問診

痛みの出たきっかけ

朝、あくびをした際にゴリっと音が鳴り痛みが走り、口が開かなくなった

どのような時に痛みが出るか

ご飯を食べようと口を開けようとしたり、笑おうとした時に痛みが走る。

初回施術

首、肩のハリが強くあごの筋肉の硬さもありその筋肉に対してアプローチをし、あごの骨格、首の骨が歪みがあった為矯正も行った。

治療後はあごもあくようになり、音が鳴るのも減った。

まだ少し症状が残っている為、明後日また来院してもらうことにした。

2回目施術(2日後)

横に口を開く分には痛みは無く、縦に口を開くと痛みが出る。

まだ痛みもあるので前回と同じ治療をした。

治療後はさらに痛みが減りなるべくいい状態を保ってもらうために自宅で出来る簡単な体操をやってもらうことにした。

6回目施術(15日後)

初めのような症状もなくなり、ご飯も口を開けて食べられるようになった。

笑顔になった際も前なら痛みが走っていたものが痛みが出なくなった。

まだ本人も痛みが出るのが怖い為メンテナンスに切り替え再発しない体を作っていくことにした。

患者様の声

担当者のコメント

痛みがなくなって良かったです。

これからは再発しないために、自宅でのケアなどを忘れずにやっていきましょう。

痛みなどは急に来るものではなく徐々に来るものが多いです。

少しでも違和感を感じた際はすぐに相談してください。いつでもご連絡お待ちしています。

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症

この記事に関する関連記事

有松名倉堂鍼灸整骨院

〒458-0824愛知県名古屋市緑区鳴海町有松裏28-8