20代女性 側弯による腰の痛みが軽減

来店動機

側弯による背中と腰の痛みが常にあり、ひどい時は眠れないこともあるほどで日常生活に支障が出ていた。

インターネットで治療院を探していたところ当院のホームページを見つけ、来院した。

 

初診問診

腰と背中に常に痛みがあり、腰の回旋、肩の挙上時に背中の右側に痛みが走り、日常生活に支障が出ていた。

 

身体所見と治療、経過

初回施術

初検時、腰部回旋制限と肩の挙上制限、腰部伸展制限がみられた。

また同様の動きで痛みも見られた。

動作時痛の改善を目的として、背骨の矯正と筋肉調整の治療を行った結果、腰部の伸展制限の大幅改善と動作時痛の軽減が見られた。

効果の維持のために腰部にテーピング処置を行い、その日の治療は終了した。

2回目施術 (2日後)

痛みは初日より減っていたが、症状は少し戻っていた為、前回同様の治療を行った。

術前と術後で、腰部回旋動作と伸展動作の改善が見られた。

4回目施術 (10日経過)

問診にて、立ち仕事が長く続くと痛みを感じるとの事だった。

治療内容は同様の治療とし、腰部へのテーピング処置をして様子を見てもらうことにした。

5回目施術 (2週間経過)

立ち仕事中の痛みは軽減し、違和感が残るような状態となった。

立位保持を楽にする目的で、骨盤矯正の治療を行った。

次回治療時に、仕事が楽になったとのことだった。

15回目施術 (1ヶ月半経過)

症状はほぼ無くなり、生活上の支障は無くなっているとのこと。

さらなる改善に向けて治療を続けて行くことにした。

現在(3か月経過)

現在は症状が落ち着いており、痛みのない生活ができている。

メンテナンスに移行しつつ治療を継続している。

患者様からのコメント

通院前は腰と背中の痛みが常にあり、ひどいと寝られない日もありました。

初回で体が楽になったのを実感し、回数を重ねるごとに痛みが徐々に軽減されていきました。

それと同時に心も楽になったと感じます。

これからもさらなる改善に向け頑張っていきたいと思います!

 

側弯症について詳しくはこちら

側弯症